チャットレディ体験談

パニック障害の私でもできた在宅ワーク【チャットレディ体験談】

ちまこ
元チャットレディのちまこです。私はPTSDを持っています。一時期はひどいパニック障害で、外に出ること人と話すことすら困難な時期がありました。

そんな私がパニック障害中に在宅にいながら稼ぐことのできたチャットレディについて今回お話をしていきます。

外出困難なパニック障害でのチャットレディ体験談

panic-disorder

当時の私は外出できない、家でも突然パニック発作が定期的にきていました。

暴力をふるう彼氏と同棲中でした。

借金をしていることを内緒にされていて、同棲してはじめて借金が発覚しました。

消費者金融からの請求書や、ドラマのような自宅までの取り立て、取り立てのストレスから私への暴力で発散する彼氏。

殴られたり、投げられたり、高熱がでていても、生理中でも1日に何十回もSEXを強要してきたり

同棲をするために実家をでたばかりの私は初めての色んな体験にかなり精神的なダメージがあり、それがきっかけでパニック障害を患ってしまいました。

そんな典型的なクズ男と別れられなかった原因はDVが終わると、とてもやさしい人なのです。

体調の悪い私が起きると、ご飯をつくってくれていたり身の回りのこともよくやってくれていました。

炊事も家事も私には休んでていいよ。といたわってくれました。

当時の私は、若かった。そのような彼に戸惑い、その場から逃げる勇気も、知恵も持ち合わせていませんでした。

そして、そんな環境の中、生きていくためには支払いをしていかなくてはならない。

そこでみつけたのが、在宅でできるチャットレディでした。

パニック障害の私がチャットレディをやろうと思った理由

お金を稼ぐために私でもできる何か内職のようなものはないものかと、インターネットで在宅ワークを探していた時にチャットレディというお仕事を初めて知りました。

その時の私の印象は、
チャットレディって、、なんかこわい。怪しい。うさんくさい。大丈夫かな。。

でした。

でも

ポイント

登録後30分で仕事開始!!
在宅にいながら時給3600円以上!
日払いOK!!!

という、うたい文句に

時給3600円以上?!!

しかも日払い??

2時間で7200円…!!?

これはこれは、気になる・・・と本気で魅力を感じ、

チャットレディはこわくないか。

怪しくないのか。

お金はきちんともらえるのか。

どんなことをするものか徹底的に調べました。

そこで、チャットレディをしている女性たちを

実際にネット上で見てみました。

今思えば、待機画面です。

そこでみた女性たちは、可愛い女の子だったり、主婦っぽかったり、なんか自分が思う、あやしい、こわい。というイメージからかけ離れていました。

本当に普通の女性たちで、

あ、チャットレディってこんな感じなんだ。って思いました。

出会い系のこわいお兄さんと組んでサクラするような勝手なイメージでした。

でも違いました。

チャットレディはサクラではなくライブチャットという画面上で男性と話をするお仕事なんだと理解できました。

調べれば調べるほど私にも出来そうな気がしてきて退会はメールでOKというサイトばかりだったので

嫌ならやめちゃえばいいや。と登録決意!!

これが私のチャットレディデビューを決意するきっかけでした。

チャトレの不安解消
チャットレディをはじめようか悩でいる方の為の【不安 完全解消】

続きを見る

どうしてパニックの私にできると思ったのか

わたしの病状は、外にでる気力がなかったこと。

乗り物にのることも外食もできませんでした。

買い物とかへでても、人と関わりたくない、話をしたくないために帽子・サングラス・マスクをしているような怪しい人物でした。

そして夜になると大きな不安感と不眠症に襲われてどんなに強いお薬も効かなかったのです。

そんな状況でもやってみようとおもったのが、

やりたいと思えた理由

  • 顔出しをしなくてもOK
  • 声を出さなくてもタイピングのみでもOK
  • メールのやりとりだけでも、テキストのみでOK
  • 好きな時間に作業すればOK

不定期に体調不良がやってくる私にとって、

好きな時に好きなだけログインすればいいというのが

チャットレディをやりたいと思う理由の一つでした。

おそらくパニック持ちの女性は、真面目な方が多いのではないかと思います。

約束の時間にいかなきゃならない。

これをやらなきゃならない。など、

〇〇しなくてはならない。という圧に、

余計に緊張を生み、パニックになったりするものなのです。

私自身がそうでした。

自宅から、自由時間、隙間時間に働ける。

そして、日払い、高収入、これはやってみたい。と思いました。

もう一つの理由は私自身が昔からチャットが好きだったということ。

リアルで関わるよりも、顔のしらないネットの中の人とのやりとりが好きだったのです。

そんな感覚でお金もらえるなら超いいですよね。

私にもできそうな気がるする!!と思いはじめたチャットレディです。

実際働いてみてどうだったのか

チャットレディをはじめてみて実際どうだったのかというと。

私は一番最初、ライブでゴーゴーというノンアダルトサイトに登録しました。

顔出しナシは話し相手になる男性がアダルト要求の強い男性しかこないという情報をつかみ(笑)

ノンアダルトで楽しく世間話がしたかったため、顔出しありではじめました。

ですが、パニック持ちなのでマイクはなしでのログインと決めました。

さすがに知らない人といきなり話せるわけないよ。こわいし。緊張すると思っていました。

顔出しあり、音声なし。

このチャットスタイルで当初は挑みました。

声をききたい。という男性もいましたが、相手の方も音声なしの方が多く、タイピングのみでのチャットでも普通に楽しくお話も出来て、夜の不安がくる時間、眠れない時間に2時間程度ログインして稼ぐというようなリズムができました。

不安感のある時刻に誰かと話ができるという、しかも、男性から褒められたり。ちやほやされたり笑

治療のようなチャットレディはなんて楽しいものなんだあーーっと思っていました。

ただね、待機はやはりとても緊張しました。

パニック持ちなので、もしかしたら、他のチャットレディさんより、緊張度合いは高かったかもしれません。

私の場合は、チャットを頑張るというよりは、待機をするときの緊張を乗り越えがんばるといいうことが強かったです。

チャットは本当に楽しかったです。

みんな優しいです。

楽しい話をしながらお金貰えるなんて

本当にいいのかな。といつもいつも思いました。

パニック障害で実際働いた結果

夜に1日2時間ぐらいお話をするというリズムができ、楽しい時間が増えた

チャットよりも待機をするときに緊張した

チャトレのお客さん
チャットレディのお客さんってどんなひと?【お金の次に気になる話】

続きを見る

パニック障害の中、待機をがんばった先に何があった?

お金を稼ぐことが目的のチャットレディでした。

でも、そこでの出会いが、本当にうれしかった。

毎日楽しかったです。

優しい会員さんとの出会いはもちろんですが、

なにより嬉しかったのは、同じ目標をもっている女性たちとの出会いでした。

そう、チャットレディさん達です。

いつもいつも待機をしているとかわいい女の子が友達になりましょう!と来てくれたりしはじめたんですね。

営業用にブログを作っていましたがそこにチャットレディさんたちからコメントをもらえるようになったり!

私のように、パニック障害で外で働けない子もいっぱいいました。

私のように借金を返済するためにチャットレディを始めた女性がいっぱいいました。

みんな頑張ってたんです。

自分だけじゃなかった。

チャットレディをしなかったら、私はせまい空間で怯え、せまい思考で苦しむしかなかったんです。

チャットレディをはじめて、心だけは自由になった気がしました。

いつの頃からかサイトに男性だけではなく女性の仲良しが増え、自分の大好きな居場所になりました。

その頃には待機の緊張もなくなっていました。

もしもチャット中にパニックが起きたら?

チャットレディさんは

びっくりするぐらいのたくさんの男性と出会います。

その中で一人一人とお話をします。

そこでは人との関わりが生まれるために

色んな楽しいこと、嫌なことがあるのは当然です。

それは、チャットレディでも、チャットレディではなくても同じことです。

ネット上とはいえ、コミュニケーションが増えるのは事実です。

そこで、嫌な人がいたりして、ストレスができることもありました。

最初の頃は、特に苦手な人がチャットにきたり、メールがくるだけでもパニックが頻繁に起きてしまったこともあります。

ですが、大丈夫です。

リアルでパニックがおきても、その場でフェードアウトできませんが、

ネット上はできるんですよ!!!!!!!!!!!

もうこの人は無理とおもったら、オフラインで逃げてください。

逃げるが勝ち。

大丈夫です。

そんなんでお客さん減りません、

私は常連さんとでも長い時間話をしていると、

疲れてくるんですね、虚弱体質なので。

でもチャットレディの方からもうチャット終わりにしようーなんてさすがに言えなくて笑

頑張るじゃないですか。

そうすると来るんです・・憎きパニック障害が・・・

全身冷汗がでてきて心臓もばくんばくんしてきて、呼吸が浅くなってきて・・

もうなんかぐわんぐわんしてきて、

そんなときは、カメラのふたをしめてログアウトです。

その後、きちんとお詫びのメールを誠心誠意します。

ネット上でもお客さんは一人の「人」です。

きちんとあやまって対応すれば怒る人なんて誰もいませんでした。

その後もちゃんとチャットに来てくれました。

もしもチャット中にパニックがおきたら、

相手のことは考えずにログアウトでOKです!

最後にパニック持ちだった元チャトレとして一言

パニック障害という生きづらい症状を抱える中、支払いは止まりません。

生きるために光熱費、生活費は払っていかなくてはなりません。

どんなに死ぬほど辛くても誰も助けてくれないんですよね。

私自身は、その時代、チャットレディをはじめたことがきっかけに金銭的にも、メンタル的にも救われた過去を持っています。

同じように苦しむ中、生活をどうしていこうか立ち止まっている方に私の一つの体験を目にしていただきたいと思い、当時を思い出し体験記事を書いてみました。

また、パニック障害を抱えながら現役で頑張っているチャットレディさん、メールレディさん達が、「よし、頑張ってみようかな」と思えるお役に立てる記事をこれからも書いていきたいと思っています。

少しでも心に何かを感じてもらえたら有り難いです。

現在の私はあの頃からみたら別人です。

人にも会えます。

電車にものれます。

外食もできるようになりました。

薬を飲まずにパニック障害を克服しています。

現在でも、ごくたまに予期不安がくるときも、心の持ち方、呼吸の仕方を覚えて、当時より上手に乗り越えられるようになりました。

過去の私はいつもこの状況を変えたい、

変わりたいと思って生きていました。

でも変えられなかった。

でも、変わるきっかけが訪れた。

変わる勇気や思考を学べた。

それがチャットレディをはじめたことだったということです。

それはチャット中に出会った方たちと、毎日何時間も心の中の話をできたからです。

普通では知り合うことのなかった職業の方たちや、人生を歩んでる方たちと出会いました。

たかがチャットレディで、自分がこんなに変わってしまう出会いになるなんて、当時チャットレディをみつけた自分は想像もつかなかったと思います。

元チャトレちまこのブログではチャットレディに関する様々な情報を私自身の本音と体験から書いています。

ぜひ他の記事も目に通していただけたら嬉しいです。

ぜひよろしくお願いいたします(*^^*)

Information

パニック障害を抱えている方、経済DVなど金銭的に辛い方、チャットレディに興味がある&小さな不安や悩みがある女性。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

お応えできる範囲でお返事させていただきます。

ひとりぼっちに自分からならないでください!

リアルが地獄でもネットには人生が変わるきっかけが山ほどあります。

私がパニック障害中にはじめたサイトはライブでゴーゴーです。

ゴーゴーの求人募集をみてみる

ゴーゴーに関する記事はコチラにもあります。

合わせてお読みください。

コロナ禍でチャットレディをはじめる女性はライブでゴーゴーへ!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

chimako

笑顔が超得意な元チャトレ。 チャトレ業で借金完済経験。 チャトレは自分の原点。 Twitterしています。 お気軽にフォローしてもらえたら嬉しいです。

-チャットレディ体験談

error: Content is protected !!

Copyright © 元チャトレちまこのブログ , All Rights Reserved.